アンテナの寿命を延ばせるようなアンテナ工事を依頼する

あらかじめ知っておきたいアンテナの破損事例

アンテナ

アンテナ工事で取り付けたアンテナは、屋外に設置するため、様々な原因による影響で破損する可能性があります。ここでは、今までにあった破損事例を紹介します。事前に知っておいて破損しないように効果的な対策を立てましょう。

アンテナの破損事例

台風でアンテナが倒れてしまいました(30代/男性)

前に屋根の上にテレビアンテナを設置したのですが、台風が発生した際に強風でアンテナが倒れてしまいました。設置してから時間が経っており、そのせいで金具やワイヤーが錆びついていたことで、強風に煽られ倒れて地面に落ちたんだと思います。結果的に、テレビは映らないわアンテナは壊れるわで散々でした。

アンテナの寿命だと言われた(30代/男性)

テレビの映りが徐々に悪くなっていき、最終的には映らなくなりました。修理業者を呼んで修理を依頼すると、「アンテナが寿命を迎えているので映らない」と言われました。海に近い場所に住んでいるので、塩害によって寿命を早く迎えてしまったんだと思います。

災害の影響を受けにくい場所に設置しよう

天候によってアンテナの寿命が短くなってしまい、すぐに壊れてしまいます。それを避けるためには、天候に左右されない所にアンテナを設置しないといけません。最近では、屋根裏でアンテナ工事を依頼する人が増えています。屋根裏に設置することで、どのようなメリットが得られるのか見てみましょう。

屋根裏にアンテナを設置する利点

屋根裏は雨風が入り込まないので、アンテナ設置に最適な環境です。強風での倒壊や雨による錆を防止できるため、アンテナの劣化を防ぐことが可能です。劣化を防げるということは、アンテナの寿命を延ばせる、ということでもあります。また、住居の内側に設置するのなら自宅の外観を損ねないようにできます。

屋根裏に適したアンテナの種類

屋根裏にアンテナを設置するならば、デザインアンテナがおすすめです。このアンテナは長方形の箱型をしており、従来のアンテナとはやや異なる形状をしています。サイズもコンパクトで、屋根裏のような狭い場所でも問題無く設置できます。

TOPボタン